京つう

  車/バイク  |  滋賀県

新規登録ログインヘルプ


2008年01月15日

『TL125 "K2" BIALS』 日本版カタログ

【バイアルスTL125】”国内向けK2モデル”のパンフレット。

1974年8月1日、国内向けが初のモデルチェンジをする。
初期モデルのK0からの変更点は各所で多数見られるが、
一番目立つのは、タンクのピンストライプがブラックになって、
サイドカバーエンブレムがグラデーションになったことである。

そして大きな部分では、ダークグレーメタリックだったフレームがブラックになり、
イメージは一気に戦闘的な雰囲気になっている。

そこで、サイドカバーエンブレムのカラーリングなのだが、
ご覧のように、当時のカタログでは、
パイングリーンタンクの車種に、イエロータヒチアンレッドのグラデーションタイプ
が貼られている。

しかし、現存車を検証してみると、
【タンク】パイングリーンには、 【エンブレム】イエローグリーン
【タンク】タヒチアンレッドには、【エンブレム】イエローレッド
という組み合わせでカラーセッティングになっているのである。

一部、このパンフの組み合わせを見ることもあるが、出荷時からの状態かは不明。
購入後、オーナーの好みか破損などで交換する際、パンフレットのイメージを真似て、
「グリーンタンク&黄赤グラデーション」のセッティングにしたのかも知れない。
それは憧れをこめて、コピーする感覚であろう。
逆パターンの、「レッドタンク&黄緑グラデーション」の組合せは見たことがない。




"K0"のパンフレットが「トライアルの啓蒙資料」のような出で立ちであったものから、
ごく普通に、バイアルスの特徴や性能を語ったパンフレットになっている。

それから、K2になってはじめてサミーミラーの姿が現れている。
サミーミラーがバイアルスの開発に携わったということが、伝説のようになってしまっている。
しかし、彼とホンダが契約したときには、バイアルスはほぼ完成の段階に入っていた。
だから『バイアルスTL125』は、
ホンダ開発陣の努力の結集・純国産のトライアラーということである。



パンフレット内の画像に出演のサミーミラーの若さにも驚くが、
よーく見ると、若かりし万沢康夫氏や成田省造氏の顔も見える。




同じカテゴリー(カタログ・リーフレットの愉しみ)の記事画像
『TL125J Fieldtripper 』 カタログ
『TL125H Rothmans 』 カタログ
TL170/200・XL170/200キット説明書
『TLR200/TL125D Pegasus』カタログ
『TL125
『RSC RS200TS』カタログ
同じカテゴリー(カタログ・リーフレットの愉しみ)の記事
 『TL125J Fieldtripper 』 カタログ (2009-12-09 00:16)
 『TL125H Rothmans 』 カタログ (2009-12-06 23:50)
 TL170/200・XL170/200キット説明書 (2009-01-04 05:37)
 『TLR200/TL125D Pegasus』カタログ (2009-01-03 19:00)
 『TL125 "K1"』 北米版カタログ② (2008-12-19 23:54)
 『RSC RS200TS』カタログ (2008-12-19 12:00)

この記事へのコメント
はじめまして。「ブログスカウト」の原田と申します。

東京の渋谷にあるコンテンツ制作会社(ライトアップ)で、
人気ブロガーさんのスカウトを担当しております。
「ブログスカウト」 http://blogscout.jp/

様々なニュースサイトでも紹介されたサービスです。
http://www.venturenow.jp/news/2007/06/26/2356_014788.html

現在、弊社では自動車保険の見積もりを一括で出来るサービスを、
ブログでご紹介して頂ける人気ブロガーさんを探しています。

指定の素材を掲載していただくだけの簡単なPRですので、
ぜひともご協力いただければと幸いです。

※ご掲載いただいき、条件を満たしていただいた方には、
 謝礼もご用意しております。

詳細につきましては、メールにてご案内させていただきたいと思います。
ご興味いただけましたら、以下までご連絡ください。
すぐにメールにて詳細をご説明させて頂きます。
 ⇒ h.harada@media.writeup.co.jp

Takaさんのご連絡を心よりお待ちしております。

# 突然コメントを書込みました失礼をお許しください。
今回、どうしてもご連絡を差し上げたかったのでこのような
形でアプローチさせて頂きました。
こちらのブログにふさわしくないようでしたら、お手数ですが
削除をお願い致します。
Posted by 原田 at 2008年01月16日 21:15
若い頃の万沢さんと成田さんが写ってますね。
サミーミラーさんも若い!
お椀型ヘルメットに青のつなぎに黒ブーツ。
当時が偲ばれるほのぼのとした写真ですね。
サミーミラーさんの笑顔の写真がとっても印象的なK2のカタログもやっぱり最高♪
Posted by おじ太郎 at 2008年01月20日 09:10
4人写っている内、右から2人目のハンティングハットの方は、
はっきり知らなかったので書かなかったのですが、
トシ西山さん?ですかね。
バイアルスでSSDTに参戦したのが、確か成田・万沢・西山の3氏だったと思うので、
登場するならその3人かと思うのですが。
Posted by taka at 2008年01月20日 17:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

携帯アクセス解析