京つう

  車/バイク  |  滋賀県

新規登録ログインヘルプ


2008年01月08日

【サカイクロンさん】再び!

サカイクロンさんのブログで出ていた「250A1 サムライ」を鑑賞しにお店を覗いてみました。

レストアでの苦労談など聞いたりしながら、A1を眺める贅沢な時間を過ごしてしまいました。

見よ!この勇姿を。

バイクは心臓も大事やけど、ケツも大事なんや!←何のこっちゃ?

(力入ると、やっばりバックよりのアクションカットになってるし…)




バック好みをごまかす、フロントよりのカットも一応アップ。




この時に聞いた話ですが、つい先日までパイングリーンのバイアルスがあったそうで、

すぐに売れて、貰われていったそうです。 ※サカイクロンさんBlog

もうちょっと早く来てれば、拝めたのに残念です。

BLOGを見たら、122ccのK2モデルのようですね。

女性的なK0モデルに対して、質実剛健なK2モデルの方が好き!というメンバーも多くて、

"K0"と"K2"は、BIALSの人気を二分する二台です。

サカイクロンさん、また顔出しますので、その時はよろしくです。

次は、XL250sを肴に、レストア話でしみじみさせて下さい。





同じカテゴリー(街角のバイク屋さん)の記事画像
青森版アメリカングラフィティ『アオグラ』のハンターカブ
【Kガレージさん】続編 TL125K0 BIALS 発見!
【Kガレージさん】 Ihatovo KATOタンク仕様発見!
【平井モータースさん】でTL125 Bials <続編>
【平井モータースさん】でTL125 Bials 発見!
【サカイクロンさん】にオジャマ虫!TL125Bials拝見
同じカテゴリー(街角のバイク屋さん)の記事
 青森版アメリカングラフィティ『アオグラ』のハンターカブ (2008-01-19 21:23)
 【Kガレージさん】続編 TL125K0 BIALS 発見! (2008-01-04 00:26)
 【Kガレージさん】 Ihatovo KATOタンク仕様発見! (2008-01-03 15:51)
 【平井モータースさん】でTL125 Bials <続編> (2008-01-03 12:00)
 【平井モータースさん】でTL125 Bials 発見! (2008-01-03 08:00)
 【サカイクロンさん】にオジャマ虫!TL125Bials拝見 (2007-09-15 12:40)

この記事へのコメント
ダブワン、ゼッツー(ゼットワン)といった4ストマシンも良いですが、カワサキといったらやっぱりツーストですよね。
カワサキといえばNinja!そのビッグネームにも負けるとも劣らないナイスネームだと思います、サムライ。
これにスズキの刀が入ればまさに時代劇の世界ですね(笑)。
ここまで来たらぜひ、Yマハさん辺りで大奥という名前のバイクを出して欲しいなぁ、なんて思ってしまいました(笑)。

それにしても美しいね☆☆☆
Posted by おじ太郎 at 2008年01月09日 04:42
おじ太郎さん、おはようございます!
きれいな侍ツーストを見て、刺激を受けました。
ある意味、耐久性は捨てて、速く走ることを追求する姿は、
バイク好きにとって、憧れの領域ですね。

シャイ~ンンンンンという排気音に気付いて振り返ったら、
そこには煙のみ・・・
音を追いかけ遥か彼方を臨むと、
遠ざかってゆく後姿が、見る見る小さくなってゆくのです。

Yマハさんには、
「Musasi」「Kensin」「Nobunaga」っていうのはどうでしょうか。
(まじ!カッコエエかも♪)
Posted by taka at 2008年01月12日 07:49
愉快な仲間たちの掲示板にも投稿しました多摩クラシックミーティングに初参加して来ました。
大きなクラブなので、takaさんもきっとご存知かと思います。
さすがにサムライは参加していませんでしたが、2ストはRD90と黒マッハ@エグリタンク、それからラビットだけでした。
YマハさんのマシンはRD以外、いませんでした。
XSなど見てみたいのですが、ダブワンに較べて現存する数が少ないのでしょうか、もー何年も見たことがありません。
私たちのマシンも、廃車にすることなく、後世に残していくことができれば何よりですね。
Posted by おじ太郎 at 2008年01月14日 01:10
おじ太郎さん
「多摩クラシックミーティング」、知りませんでした。
奇数月ごとというのも、開催回数が多くて、
愉しそうな集まりですね。

RD90懐かしいバイクですね。
YハマのRD・HンダのCBは、バイク小僧には選択肢の大きな分かれ目でした。
その二派と、ダックス滅茶苦茶カスタム派がいました。
あの頃は、バイクの車種も多くって、考えるといい時代でした。
あまり儲からない話にも、時間を割いてくれるバイク屋も多かったし。
あぁ、愚痴っぽくなってしまいました。いけませんいけません。

TLの良さや魅力も、ここ近年本当の意味で再認識されてきていますね。
これからも末永く元気なTLが、走り続けることを願います。

追伸 ほんと「ペケエスワン」見ませんね。
Posted by taka at 2008年01月14日 14:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

携帯アクセス解析